>  > 快感は自分次第かもしれない

快感は自分次第かもしれない

どれだけ気持ち良い時間を過ごせるのかは、結局は風俗嬢よりも自分の問題なんじゃないかなって思うようになってきました。その根拠として、風俗っていろんな女の子がいると共に、自分との時間になるじゃないですか。自分が非協力的の中で女の子と楽しむ。それでは女の子だって相当大変だと思うんですよね。でもそうじゃないんです。自分も女の子と一緒に快感に向かって楽しむっていう姿勢とかコミュニケーションですよね。「何も言わない、でも察しろ」なんて姿勢ではいくら百戦錬磨の風俗嬢であってもさすがに完璧に察知するのは難しいんじゃないですかね。でも自分はどんな性癖を持っているのかを丁寧に伝えておけば、女の子だって何をすべきなのかくらい把握出来ますので、そこでいろいろなことが出来るんじゃないかなと思うんですよ。それらを考えると、風俗ってやっぱり女の子とどれだけコミュニケーションが取れるのかなって点が快感を左右するんじゃないかなって。

実は相当な実力者だった

見た目だけであれば普通な雰囲気の風俗嬢のTちゃん。派手でもなければ地味でもない、悪い言い方をすれば今時どこにでもいる雰囲気の女の子。外見からだけでは特別な個性は感じない女の子だったんです。でも彼女の個性・武器は外見ではなかったんです。彼女の武器はテクニックだったんです。しかも相当なものです。まさかここまでのテクニシャンだとは想像出来ませんでした。風俗嬢でテクニシャンといえば、外見からテクニシャンなオーラが出ているじゃないですか。でも彼女はそうじゃないんですよ。外見からだけで言えば普通。まさかそんな彼女がテクニシャンだとは思いもしませんでした。そこに物凄く意外性を感じたんですよね。いわゆるギャップですね。そのギャップのおかげでこちらの興奮は相当高まりました。ここまで楽しませてもらえるとは…みたいなギャップですかね。今時の女の子は外見だけでは判断できないなってことも勉強になって快感の時間ですね(笑)

[ 2017-01-06 ]

カテゴリ: 風俗体験談